【インタビュー】高木渉「ガロードの様な破天荒で無鉄砲な少年には良い声じゃない、がらっぱちな僕の声が良かったのではないか」

【インタビュー】高木渉「ガロードの様な破天荒で無鉄砲な少年には良い声じゃない、がらっぱちな僕の声が良かったのではないか」


「ガンダムX」ガロード役・高木渉インタビュー“ガンダムの主人公という重責、何も考えずに突っ走った現場”
1979年の『機動戦士ガンダム』から30年以上にわたって、拡張を続けるガンダムシリーズ。その中でも1996年に放送された『機動新世紀ガンダムX』は、
ファーストガンダムで提唱された“ニュータイプ”という概念に、バイタリティ溢れるガロードの成長を通じて、真っ向に向き合った作品だ。
そんな本作のBlu-rayメモリアルボックスが、2018年3月23日(金)に発売される。これに先駆け、アニメ!アニメ!では主人公ガロード・ランを演じた高木
渉さんへインタビューを敢行。当時の収録エピソードや作品を改めて見返しての感想、放送から21年にわたって作品を支えてくれたファンへの想いなど、
『ガンダムX』にまつわる様々な事柄をお聞きした。
――ガンダムの主人公を演じると決まった当時のご心境はいかがでしたか?
これから『ガンダム』という大きな看板を背負っていくんだなと思うと武者震いしました。嬉しい気持ちの反面、僕で大丈夫なのかなという不安もありました。
オーディションでは、確かフロスト兄弟のどちらかの役で受けたと思います。高松信司監督がその時の僕の声を聴いて、ガロード・ラン=我が道を走る、と
いうキャラクターに僕の声が合っているのではないかと再オーディションになったと聞いた記憶があるのですが…(笑)。今までニュータイプだったり、ちょっ
と影のある主人公像が多かったところに、破天荒で無鉄砲な少年を放り込む。そんな未完成な少年には、良い声じゃない、がらっぱちな僕の声の方が良い
と感じてくれたんでしょうか(笑)。あらためて良い縁をいただいたと思うし、『ガンダムX』という作品に携われて本当によかったです。
(記事抜粋、全文はソース)
https://animeanime.jp/article/2018/02/06/36704.html


本当にX大好きなんだな…っていうのが凄く伝わる


いい記事だ


やっぱり高木渉いいなぁ…


物凄い美少年デザインだったから初め違和感凄かったけど
物語が進むに従って高木さんの声じゃなきゃなあってなった


高木にとっちゃ多分こういうキャラ演じて無かったろうし
一生演じないだろうが一生付き合っていくことになるキャラ


ガロードはニュータイプだよ
超常的な力がないだけで


ある意味革新してるきはする


ニュータイプとは別系統の新人類だよね


ニュータイプに囚われることすら古い考えだったんだよ


インタビュー前に録っていたというオーディオコメンタリーの一部がこれだ


もう一つの一年戦争の答え的な見方でも好きだよX
ランスローとジャミルは共にガロードに未来を見据えてる


最初の予告が月は出ているか?で最後の予告が月はいつもそこにあるなのいいよね


リメイクしてほしいガンダム作品


打ち上げで打ち切りは僕のせいですって号泣した話好き


慣れないと言う奴の気持ちも分かるが
高木のおかげでキャラ濃くなったとこあるよな
今でも耳に残るキャラになったと考えると成功かもな


独特の美しさが有る作品だったね


高木以外のガロードは想像できない


後から語る時にいいよね…がいっぱい詰まってる作品

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。