ジムが与えたメカデザインの影響

ジムが与えたメカデザインの影響


ジムが与えたメカデザインの影響ってガンダムと同等かそれ以上だと思う。
ザクにも言えるけれど、量産機のプレーンな形というか、工業的で無個性さを個性にするっていうデザイン。


しかも推力重量比とセンサー性能はガンダムより上という点も面白い。
デザイン的にも大量生産出来ます、工業製品です。とすぐに判る。
しかもガンダムと同じ盾のおかげで遠目にはガンダムに見える。


今回の劇場版マジンガーZに出てたイチナナ式なんてモロにGMの方法論だな



ガンダムから線を減らしたGMは新型量産機
ザクから線を減らした旧ザクは旧型機
この差はどこで付いたんだろう


この差はどこで付いたんだろう
05でコンパクトにまとめたパッケージを
06で動力パイプ等を外付け増設などして高出力化
79GMもある程度シンプルにまとまった基本型からSP型やN型などへ発展していくから
立ち位置的には似たような感じかと


最初のガンプラブームのころはジムはあんまし人気なかった気がする
ZやZZのころはネモもジム3も空気だった
逆シャアでジェガンvsギラドーガの図式が確立して、そこから逆算する形でジム系の発展が後付けされて、OVAやらゲームやMGやHGUCでジムがかっこよくアレンジされていったような


当時からGM好きでネモもGMⅢ大好物だ
でもGMⅢは立体物がBクラブの高いのしか無かったけど造形はかなり理想に近かった
なのに近年出たあのプラモは一体…Bクラブのを参考にしなかったのかなあ
後付けでホワイトベース隊が囮だとされたけどジャブローで量産されてた辺り説得力あったな


これも名前からしてGMだね



こっちは色がGM


ジムはださくて量産機っぽいからこそ良いのであって
ジムコマンド系のかっこいいジムとは別だと思うの
連ジのジムが理想的なださかっこよさ


GMの何が凄いってこの(凸)顔だよ
GM以前にあんな形状のゴーグルは見たことがない
ほとんどガンダムと同じボディなのに眉間が上にあがったあの顔のおかげでメチャメチャ弱そうに見える
スナイパー2やストライクダガーみたいに眉間が下がってゴーグルに被さってるとそれだけで強そうだ


精悍な顔つきで、かつ量産機らしい簡素さもあって
いい意味でジムのリメイク機だと思ってただけに
種死のダガーLのマヌケヅラにはかなりがっかりしたもんだ
ボディのデザインもちょい劣化気味に感じたし……まぁシンプルになっていくのは機械の進化としてた正しいのかもしれないけどさ


ガンダムタイプの量産型ではないがドートレス好きだわ
地味にバリエーション豊富だし
こいつのベースになったガンダムとかもしかしたらいるのかもな


ストライクダガーやウィンダムはデュアルアイに近いゴーグルで、ジムともジムカスタムやジェガンとも違う新しいタイプのゴーグルだよな



ゴーグルの面積が弱さを現す記号ならジェノアスのも計算ずくなんだろうな


それも含めてモブ機という意味合いもあるんだろうな
要は、メインキャラクターでもあるガンダムと異なり
、敵味方問わず、切られ役としての記号として、表情を徹底排除するためのギミックがゴーグルでありバイザーなんだろう
逆に言えば、ザクなどの常時光ってるモノアイや、ケロベロスのプロテクトギアやターミネーターの赤く光るカメラアイは、ヴェラン(敵役)キャラのアイコンだしね


ガチャポン戦士5ではジムの生産費が一体100円でガンプラよりも安かったのは衝撃だった
どんだけデフレしてんねん宇宙世紀

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。