パトレイバーほど完成度高い漫画ってそうそう無いよな

パトレイバーほど完成度高い漫画ってそうそう無いよな


一話と最終話のタイトルだけで絶頂できるわ


なんだっけ?


明るい人々


ザ・ライトスタッフ~あっかるい人々~

Right Stuff~正しい資質~


徳永&平光の悪いオジサンコンビすこ


昨日の会社飲み会後のカラオケでコンディショングリーン歌ったが一人も知らなかった
今の20代はパトレイバー知らんのけ


ヲタじゃない限り30代でも怪しいやろ


ワイアラサーやけど放送当時は乳幼児なんでDVDで後追いや


漫画は読んだし知ってるけど歌なんぞ知らん


ゆうきまさみの漫画はほんまにええな
ついで地上波アニメの最初の方
押井の味付けが濃すぎる劇場版はすきじゃない


コミック版ほんま好きやわ
1巻から22巻までほとんど絵柄変わらんのも評価できる


経験あるだけあって作画も安定してるし読みやすいだけでもすごいのに
ロボットアクションはきっちりかっこいいのが神や


ぐうわかる
人間ドラマも面白かった


内海好きなやつ多いけど信じられん


むっつり独身南雲


第二弾OVAは後追いなんで人気エピソードのノリがよくわからんかった
二人の軽井沢とか
発売当時は人気あったエピソードみたいやが


劇場版とかいうOVA の、焼き直し


next generationも劇パト2の焼き直しやったな


予想通り実写映画がカスだった押井を許すな


劇パト1がピークやな
2は正直イマイチや


カッコよすぎる構図


この状況で圧勝と言い切る隊長ほんまかっこいい。


スカパーでやってた実写版ってどうだったんやろ
実物大イングラム観たくてロッテ戦観に行った記憶が


動くの最後の数分で銃ぶっ放すだけや
動くの見たいならドラマ版の方がええで


タイトルダサくて敬遠してたけど普通に傑作だと思う


映画2の序盤で皆成長して巣立ってる姿見ると何か切なくなる


正義の味方じゃなくて
公務員の話やしな


特車二課の制服が公務員っぽいダサいオレンジ色なのもなんかお役人っぽくて好きやったな
実写版でミリタリー色強い制服になってたのは違和感あった


干物を作る話とかおたけさんのお化けの話好きやった
バトルとかも好きやったけど日常パートも最高やったなあ


物語初めは華々しい最新鋭機のイングラムも
最後の方じゃそこそこの型落ちとか
そういうリアリティの描き方は
なかなかできんと思うで


序盤は第一小隊の97式改パイソンとの対比多いしね


最後じゃ第一小隊に零式採用しとるしなあ


その型落ちが最新軍用機とやり合うってのがグッときたなあ子ども心に


最後の対グリフォン戦の泉の戦い方について
テレビでコメントしてたのがアシュラシステムの開発者やろ
よくできた漫画やで


一番リアルな社会を書けてる漫画


本当は射撃クソうまい太田すこすこのすこ


未だにデッキアップ隊動いとるぞ
何も知らんリアル市民に「警察は税金でこんなおもちゃ作って・・・」とクレーム付けられた話すき



まあややこしいわな


あの若干近未来設定をリアルタイムで見てたら面白いんだろうな
ワイが見始めた頃はすでに劇中の時間も過ぎ去ってた


篠原が太田の射撃をディすった時に隊長が「でもコクピットに当てちゃたこともないだろ?」っていうシーン、すごい好き


昔はグリフォンだけアニメチックなデザイン浮いてるよなぁと昔は思ってたけど、今のトヨタ車とか見るとああいうデザインもあり得るかもなと思える。


「野良犬がいて危ないから夜は上海亭の出前が来てくれない」ってアニメの小話が時代感じさせて面白い
80年代後半に東京から野良犬がいなくなるんよな…


漫画と劇パト1が最高やな
OVAもええけどこの2つが良すぎてちょっと落ちるわ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。