ガンプラ

ガンプラ日本チャンピオンが決定W杯出場へ

アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」の世界一の作り手を決める「ガンプラビ
ルダーズワールドカップ(W杯) 2011」の日本代表選考会が6日、東京・秋葉原の「UDX
AKIBA_SQUARE」で行われ、「シナンジュ」をベースにした山口達彦さんの作品「願い」が1
位に輝いた。また、14歳以下が応募できるジュニアコースでは、畑めいさんが作成した「ザク
との戦い」が優勝。この2人が日本代表として、12月に香港で行われる世界大会に出場する。
「ガンプラビルダーズW杯」は今年初めて開催される大会で、日本のほか中国、韓国、台
湾、シンガポール、米国、イタリア、豪州など世界13カ国・地域が参加し、12月25日に香港で
世界大会が開催される。日本代表選考会は、同所で行われた「ガンプラ」の祭典「ガンプラ
EXPOワールドツアージャパン2011」内で開催。ジュニアコース含め、30体のエントリーの中
から、一般投票と特別審査員の最終審査をへて、日本チャンピオンが決定した。
http://mantan-web.jp/2011/11/06/20111106dog00m200016000c.html

続きを読む